たるみ 美顔器 30代

30代のたるみに効く美顔器の選び方:どんな機能がおすすめ?

「肌のたるみ」を初めて実感する方が多いのは30代であるといわれています。

 

それは、30代はホルモンや生活スタイルの影響でお肌が大きな変化を迎える時期だからなんですね。そのため、30代に適切なたるみケアをしたかしないかで、将来のお肌の状態は大きく変わってしまいます。

 

では、なぜ30代になるとお肌が変化し、たるみの心配も本格的になってくるのでしょうか。

 

まずは、30代のたるみの特徴と原因について解説してみたいと思います。その上で、30代のたるみにおすすめの美顔器の選び方も考えてみましょう。

30代のたるみと肌の特徴とは?

30代の女性は、仕事、家事、子育てなど多忙な毎日の中で様々なストレスにさらされています。また、妊娠などの体の変化に伴い、女性ホルモンが乱れてしまうことも多い年代です。

 

そんな体の変化は、肌のたるみにも大きな影響を与えます。

 

例えば、ストレスや肩こりなどを原因とする「血行不良」が続くと、お肌の新陳代謝が鈍り、角質が厚くなってハリが低下してしまうというトラブルにつながります。

 

また、肌が突然乾燥肌や敏感肌に揺れやすくなるのも30代の肌の特徴。ホルモンや生活習慣など原因は多岐にわたりますが、この時適切な保湿ケアを行わないと肌の老化・たるみが加速しやすくなります。

 

さらに、女性ホルモンの「エストロゲン」は、20代がピークで30代になると減少し始めます。

 

(画像:http://www.shirono.net/)

 

エストロゲンは美人ホルモンとも言われ、これが十分に分泌されているときは真皮層のコラーゲン生成も十分に行われているため、お肌にハリがある状態を保てますが、減少するとコラーゲンの生成も減ってしまい、弾力のないたるみ肌となっていきます。

 

エストロゲンは、年齢を重ねると自然に減少していきますが、過労やストレスなどでもその分泌量は減少しますので、忙しく過ごしがちな30代の方は特に注意が必要です。

 

このように、生活スタイルや身体の変化を受けてたるみやすくなっているのが30代の肌の特徴と言えます。また、30代のたるみは「真皮層」にまで問題が及んでいる・及び始めていることが多く、放っておくと深刻化しやすいという特徴があることも重要なポイントですね。

30代のたるみに効果的な美顔器機能とは?

では次に、30代のたるみに効果的な美顔器の機能についてご紹介していきましょう。

30代のたるみにおすすめの美顔器機能@マッサージ機能

上記で挙げた「血行不良」は、たるみの原因としてはなんとなく重要度は低いような気がしてしまいますが、そんなことはありません。血行不良は顔や身体全体のむくみも引き起こしますが、むくみはその重さでたるみを加速させるため、たるみとは切っても切れない関係なのです。

 

このため、血行不良を解消し、新陳代謝を促進するためのマッサージ機能は30代のたるみ対策美顔器にはとてもおすすめの機能の一つとなります。

 

マッサージが得意な美顔器の種類としては、「ローラー」型の美顔器や、「超音波(マッサージ)」美顔器などが挙げられます。ローラー美顔器はエステティシャンの指が皮膚やお肉をつまむような感覚のマッサージ、超音波美顔器は皮膚表面から細かな振動で肌を活性化させる感覚のマッサージが得意です。

30代のたるみにおすすめの美顔器機能A保湿機能

乾燥肌や敏感肌に揺れやすく、それがたるみを加速させやすい30代の肌には、適切に保湿することがとても大事になります。

 

美顔器は、化粧水などの化粧品を手でつけるよりさらに皮膚の深い部分まで、通常では浸透できない大きさの分子の成分でも浸透できるように設計されているものがあり、そういった美顔器を適切に選ぶことで効果的な保湿をすることができます。

 

そしてこの保湿が得意な美顔器の種類としては、「エレクトロポレーション」や「イオン導入」美顔器などが挙げられます。

 

 

イオン導入は美顔器市場に登場してから長いので、保湿のための技術として皆さん良くご存知かもしれませんね。エレクトロポレーションはイオン導入と似通った浸透技術ですが、イオン導入よりも浸透できる成分の種類が広く、例えばヒアルロン酸やコラーゲンのような大きな分子の成分も浸透できるなど、より効果的な保湿ができると最近注目を集めている技術です。

30代のたるみにおすすめの美顔器機能Bコラーゲン再生機能

最後に、真皮層や皮下組織など、皮膚のさらに深い部分に働きかけてコラーゲンの再生を助ける機能。これも、真皮層にまでたるみが及んでくる30代の肌には重要です。

 

コラーゲンの再生を助けるには、皮膚でコラーゲンを作っている「繊維芽細胞」を活性化する必要があります。これが得意なのが「高周波」や「赤色LED」です。

 

高周波は、皮膚の表面は加熱せずに、深い部分(真皮から皮下組織)を直接温めます。

 

そしてその熱による刺激を皮膚が火傷による損傷と早とちりし、その損傷を治すために皮膚組織の再生を始めます。ここで皮膚の繊維芽細胞が活性化され、衰えていたコラーゲンが再度生成されるようになるのです。

 

高周波はたるみに効く美顔器機能として最近特に注目されている機能でもあります。

 

また赤色LEDは、赤色のLED光を肌に当てるだけというとてもシンプルな方法で、やはり線維芽細胞を活性化させコラーゲンの生成を助けます。

 

高周波と比べると効果は緩やかに感じる人が多いようですが、たるみ対策の美顔器の機能としてやはり人気があります。

 

30代のたるみにおすすめの美顔器とは?

では最後に、上記でご紹介したような機能を持ち、30代のたるみにおすすめの美顔器を具体的にご紹介しましょう。

30代のたるみにおすすめの美顔器@リファカラット!

まず、シンプルなマッサージケアでたるみを解消する美顔器のおすすめが「リファカラット」です。

 

エステティシャンの指が優しく肌をつまみ流すようにマッサージし、血行や新陳代謝を促進し、むくみや老廃物を流し出していきます。保湿したり真皮層に働きかけたりということはせず、丁寧にマッサージをするのみの美顔器ですが、発売以来高い人気を保っていますね。

 

肌のハリはそこまで衰えていない気がするけれど、フェイスラインがぼんやりしてきた、などの自覚がある場合は、むくみが原因のことも多いため、リファのようなシンプルなマッサージケアでも効果が期待できます。

 

>>リファカラットはたるみに効いた?!

 

30代のたるみにおすすめの美顔器Aエステナードソニック!

次に、マッサージもしながら徹底的に保湿もしていく美顔器をご紹介。こちらも美顔器の中では定番となっている「エステナードソニック」です。

 

エステナードソニックは、その時々の皮膚の水分量を感知して適切な出力に自動調節する超音波マッサージと、保湿成分がたっぷり含まれた上質ジェルをイオン導入で浸透させる美顔器。

 

肌の状態が定まりにくく、乾燥肌や敏感肌に揺れやすい30代の肌でも常に適切な保湿・マッサージケアができるため、30代のたるみ対策にも非常に心強い美顔器となっています。

 

>>【画像でチェック!】エステナードソニックのたるみ効果はどうだった?

 

30代のたるみにおすすめの美顔器Bララルーチュ レジーナ!

最後にもう一つ、美魔女のための美顔器(?)をご紹介します。

 

写真はララルーチュ レジーナ。杉本彩さんがプロデュースした話題の美顔器です。

 

ララルーチュ レジーナは、エレクトロポレーションによる保湿、赤色LEDと高周波によるコラーゲン生成の促進ができる他、EMSで表情筋エクササイズもできる総合的なエイジングケア美顔器です。

 

30代のケアとしてはかなりリッチな内容の美顔器なので、40代以降も見据えた総合的なたるみ&エイジングケアをしていきたい方におすすめです。

 

>>【画像あり】ララルーチュ レジーナはたるみに効いた?

 

 

 

以上、30代のたるみにおすすめの美顔器の選び方と、具体的なおすすめ美顔器をご紹介しました。

 

30代の揺らぎやすい肌では、適切なケアをするかしないかで40代以降のたるみの悩み度合いも変わってきます。

 

自分に一番合った美顔器で、30代以降もたるまない若々しいお肌を手に入れていきましょう♪

 

 たるみに効く!おすすめ美顔器ランキングに戻る☆