美顔器 たるみ 真皮

皮膚の真皮層に働きかけて顔のたるみを解消する効果のある美顔器は?

皮膚には表皮、真皮、皮下組織という層があります。

 

その中でも、真皮層に働きかけて顔のたるみをケアする美顔器はどんなものでしょう?

皮膚の真皮層の主成分はコラーゲン

まずは、そもそも「真皮層に働きかける」とは具体的に何をすることなのかを考えてみましょう。

 

真皮層とは、表皮の下にある組織です。その主成分はコラーゲンで、表皮層を支える働きをしています。そして、コラーゲン、エラスチンで構成される網の目の構造を保水成分であるヒアルロン酸が埋めることで弾力を保っています。

 

なので、真皮層に働きかけるということは、主にコラーゲン組織を活性化させること、コラーゲンの再生を促進することであると言えます。

 

そして、真皮のコラーゲン組織を活性化させたりコラーゲンの再生を促進する効果が期待できる美顔器が、「高周波」や「超音波」美顔器なのです。

真皮層のコラーゲン再生を促す美顔器:高周波美顔器

高周波美顔器はここ数年特に注目度が高まっている美顔器の一つです。

 

基本的な役割は、皮膚の深部で熱を発生して皮膚組織を即時的に引き締めたり、長期的には皮膚の繊維芽細胞を活性化させてコラーゲンの再生を促したりします。

 

たるみの引き締めに高い効果を感じる人がとても多く、現在たるみに効く美顔器としては一番期待度が高いと言っても良いかもしれません。

 

 

この、高周波による引き締め&コラーゲン再生に的を絞った高周波美顔器が、たるみ専用の美顔器として現在とても人気が高いNEWAリフト。

 

シャンパンゴールドとパールピンクのデザインの最新モデルからは顔のたるみだけでなく首のたるみケアもできるようになり、さらに人気が高まっている美顔器です。

 

>>NEWAリフトはたるみに効いた?画像付きレビュー♪

 

真皮層のコラーゲン再生を促す美顔器:超音波美顔器

真皮層に働きかけるもう一つの美顔器は、超音波美顔器。超微細な振動を起こすことのできる美顔器です。

 

そもそも超音波とは「音」の一種。これを美顔器として肌に当てることで、最大で皮下10センチまで届き、振動を伝えることができるとされています。

 

超音波の振動刺激は真皮層に届き、コラーゲン産出に重要な役割を果たす「繊維芽細胞」を刺激します。その刺激により繊維芽細胞の活動が活発になり、コラーゲンが増えて肌のたるみ改善が期待できるのです。

 

ちなみに、コラーゲンやエラスチンは繊維芽細胞で産出されるタンパク質の一種です。そしてタンパク質の原料はアミノ酸などの栄養素。

 

超音波美顔器の振動は皮下深く、筋組織にまで届き、血流を促進します。血流が良くなると、アミノ酸を含む栄養素や酸素が繊維芽細胞に供給されやすくなるので、この意味でもコラーゲンの産出量が増えることが期待できるというわけですね。

 

 

写真のエステナードソニックは、こうした超音波美顔器の中でも定番中の定番美顔器と言ってよいでしょう。

 

超音波マッサージに加えて、上質な専用ジェルで美容保湿成分を導入することもできます。

 

なお、多くの超音波美顔器の超音波は3MHzや1MHzに固定されていますが、エステナードソニックでは最大8MHzまでの範囲で、肌の水分量にふさわしい出力に自動的に調節しながらマッサージをしてくれるのも大きな特徴です。

 

肌に負担をかけずに最適な超音波マッサージができる美顔器ということなんですね♪

 

>>エステナードソニックで顔がシュッと!【画像あり】

 

 

 たるみに効く!おすすめ美顔器ランキングに戻る♪