タバコ たるみ

タバコを吸うと顔はたるむの?

全体の喫煙者は減っているのに、女性の喫煙者はむしろ増えているというデータがあります。

 

しかし、タバコは女性の美容の敵だということをご存じでしたか?タバコが美容上、どんな影響を与えるのか、ご紹介したいと思います!

タバコの一酸化炭素の影響

タバコを吸うと、たくさんの有害物質を体の中に取りこんでしまうことになります。

 

その中でも、「一酸化炭素」が肌にとっては悪者!本来酸素と結合するはずの血液中のヘモグロビンと結合してしまうことで細胞を酸欠状態にしてしまうのです。

 

また、タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ、血の流れを鈍らせてしまいます。

 

その結果、お肌に運ばれる酸素や栄養が減少し、肌本来の働きが鈍ってしまい、ハリが失われてしまいます。

活性酸素の影響

さらに!

 

体内に取り込まれた有害物質を排除しようと、「活性酸素」が発生。この活性酸素はコラーゲン作りにとって重要な「ビタミンC」を大量に破壊してしまうのです。

 

その結果、コラーゲン生成速度が鈍り、肌の弾力が低下してしまいます。

 

 

このように、タバコを吸うことは肌のハリ・弾力を失わせ、たるみを生じさせる行為なのです。

 

顔がくすみ、たるんで、シワが目立つ顔を「スモーカーズフェイス」とも呼びます。そうならないようにするために、禁煙する覚悟が必要ですね!

 

 

 たるみに効く!おすすめ美顔器ランキングに戻る♪