お灸 たるみ

お灸って顔のたるみにどんな効果あるんですか?

お灸とは、温熱による刺激で体にあるツボを刺激して、人間の体が本来持っている自然治癒力を高める、東洋医学の治療法です。

 

美容上の悩みも体の中に原因があると考えられており、人間の「気」(命をつかさどるエネルギー)をお灸によって整えることで様々な美容効果が得られるとされています。

 

顔のたるみを改善したい場合、顔にお灸をするわけではないのでご安心を!

 

顔のたるみ改善には、顔につながりのある手足のツボにお灸をすればOK。具体的には、手の「合谷」というツボや、足の「太白」というツボにお灸をすると良いそうです。

「経路」に流れる気の流れを整えることでたるみを改善!

人間の体には、「気」が流れる「経路」があるとのこと。その経路上にあるツボをお灸の温熱で刺激することで気の流れを改善し、症状を改善することができるのです。

 

具体的には、お灸をすることで血液やリンパの流れを改善し、筋肉のゆるみ、たるみを改善することができるのだそう。

 

顔のたるみの原因の一つは、血液やリンパの流れが滞り、本来リンパ管で回収されるはずの老廃物が皮膚の下に溜まることです。

 

お灸によって血行を促進することで老廃物がきちんと排出され、筋肉やお肌に流れる酸素や栄養分も増えるので、肌に弾力・ハリが出てたるみを改善することができるというわけなんですね。

 

 

 たるみに効く!おすすめ美顔器ランキングに戻る♪